2005年02月14日

the Bassist is the Coolest player in the band

バイト先でよく携帯(実物じゃなくて展示用ね)いじってるんだけどさ、
ちょっと気になる機種があるんよ。
一つ目はSO506ic。見た目はほとんどSO505isやけどね。
あれね、右回しでも左回しでも開けられるじゃん?
でもね、右回しで開けたら左回しでしか閉じれないんよ。
絶対に一周はしないようになってるんよ。なんで?
二つ目はD901i。噂の縦スライドのやつね。
オレぁマトリックス見た日からいつかこんなのが出るんだろーなぁとは思ってたよ。
キアヌ・リーブス効果やね。先のGショックとか。はい、話がそれたっと。
で、そのD901iは縦にえらい勢い良く開くんよ。「カシャッ!!!」とかいって。
気になったのはその耐久性ね。そんなに長持ちしそうにないなぁってのが感想。
実機じゃないから全然分からないけどね。
そんなことを考えながら楽しく働いてますよ。

さて、今日も「the School Of ROCK!!!」で引っ張っていい?
いい?おっけ!じゃぁ引っ張りまぁす。
この映画の主人公、見てるとオレの高校の時の副担任を思い出すんよねぇ。
オレの副担、Timっていうんだけど、マジでROCKな人だったよ。
バンドもやってて、主にベーシスト。たまにギター弾いて、それでいてレフティー。
とにかくかっこよかったなぁ。
オレの初ライブはそのバンドとの対バンやった。緊張したなぁ、あれは。

で、その人の言葉で一番心に残ってるのは、学園祭の時オレに言ってくれた言葉。
オレら「和茶弥」は学園祭のバンドステージの一番だったのね。
オレのいるバンドはやたらと一番になっちゃうんだよねぇ…。
んで、オレはその時は演奏に自信なんてなかった。あの初心者にありがちなあれですよ。
まぁ今でもあんまりうまくないんだけどね。
そんで本番前にオレは気が気じゃなかったんよ。すんげぇソワソワうろうろしててさ。
そんなオレを見てTimが言ってくれたんですよ、「the BASSIST is the COOLEST player in the band」って。衝撃やったねぇ。感激したよ。
んで思った。出来ること全部やって来てやろーと。
おかげで緊張も吹っ飛んでライブ、楽しめました。
それからは自信を持ってライブに臨めてます。
別に技術に自信があるわけじゃなくて、自分の持ってるものを全部出し切れる自信がつきました。
技術に対する自信なんて上には上がいるんだからいつまでも持てるわけないんだからさ、
自分が出来る事は全て出来ることに自信を持つべきだと思う。
これは音楽だけとは限らないよね、全てにおいて言えると思う。

あれ?
「the School Of ROCK!!!」の話じゃなかったっけ?まぁいいっか。
いつもより一貫性も無ければ中身も滅茶苦茶…。まぁいいっか。
posted by The Biggest Dreamer at 22:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 徒然オレ的に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ライブ前の緊張か〜。サムルノリとやった時が一番緊張したな。普段は全くもってしーひんねんけど、あん時は酷かった。
Posted by けんた at 2005年02月15日 00:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1943305

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。