2005年01月28日

運命。

よく未来は、ありとあらゆる方向に枝分かれしてて無限の可能性がある、っていうでしょ?

確かにそうかもしれない。

でもさ、最近オレには運命は必然なんじゃないかな、って思うようになったのね。
未来はそこに行き着くべくしてその場所にしか行き着かないんじゃいないかってね。

例えば雨、あれって一粒一粒でたらめに落ちてるように見えるでしょ?
だけど雨の一粒一粒は偶然その場所に落ちてるわけじゃない。
大気の温度、風の向き、強さ、全てはそこに落ちるべくして落ちてるんだよね。
その必然と必然が寄り集まってより大きな必然とぶつかる。
一つ一つ…断片が組みあがって行くように。
やがてそれは大きな流れとなり河となる。
それが運命ってやつなんだろう。

ただ雨音を聞くだけなら簡単。
でも雨の一粒一粒が何を意味しているのかまでは誰にも判らない。
行き着く場所が誰にも判らないから故、未来は無限の可能性に感じられるのかもね。
posted by The Biggest Dreamer at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然オレ的に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1745455

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。