2006年04月22日

ズワイガニ。

誰が予想できたでしょうか、こんな辺鄙な山の上にある大学にあの人がくるなどと。
世界の井筒監督ですよっ?!
びっくりです。

あ、お久しぶりです、隔週刊の『オレ的』です。

今日はAPU所属サークル主催の井筒監督による講演会、「パッチギから君たちへ」が学校でありました。

さすがは世界の井筒監督、一言一言にすごい重みがありました。
下らない冗談に聞えるようなことも、よくよく考えるとかなり深いことを言っていました。
みなさん気付きました?

数多く出た名言の中でも一番心に響いたのは「自分の名前に自信を持て」と言ったあの一言。

「名はその存在を示すものだ。ならばもし、それが偽りだったとしたら、それはその存在そのものも偽り、ということになるのかな。」

という言葉があるように、自分という存在に自信を持つならば名を偽る必要がどこにあるというのだろう。

そもそも在日朝鮮人が肩身の狭い思いをしている、という現実がそもそもおかしいことなわけで。

生まれた国、あるいは国籍が違うだけで、なぜそこに暗黙の上下関係が生じてしまうのだろうか。
一個人として人間である以上、上も下もあるわけがないじゃないですか。

そんなくだらない上下の固定観念はすでに単なる過去の忘れ物なわけで、そんなことにこだわるのは非常にナンセンスだと思う。

どこで生まれようが自分は自分。
自分が何人であろうが自分は自分。

世界に唯一無二の存在である自分に自信を持っていいと思うし、自信を持つべきだと思う。

自信を持てば人間輝けるものなんですから。
posted by The Biggest Dreamer at 23:27| Comment(5) | TrackBack(0) | 徒然オレ的に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほほ〜威圧感あふれる監督さんええ事言いますね。笑


そうですよね〜自身なきゃ何もできへんし行動なんかできへんし・・


まさきさんはこれだけは自身あるで!っていうのありますか?
Posted by ゆっきー at 2006年04月23日 18:32
俺、井筒監督好きよ〜!!!
特にバラエティ番組に出てる時が。
んん〜渋ぃ。

うらやましす・・・
Posted by つるはげX at 2006年04月23日 22:53
その通りやね!!

家に帰って、ちゃんと琵琶湖を確認しましたから!
Posted by けいじ at 2006年04月24日 01:11
まちゃ☆23日はありがとぉ♪♪
感謝感謝です(^^*)
暢子も監督見たかったな〜!!!
Posted by nobuko at 2006年04月24日 01:45
>ゆっきーさん
自分の好きなところ、嫌いなところ、長所・短所全て解ってひっくるめた上で、自分という存在に自信があります。
単なる自信過剰?(笑)

>つるちゃん
オレも井筒監督めっちゃ好きっ!
あの芸人ばりの面白い、そして深いトークがツボです。
ステージに現れた時はマジで嬉しかった♪
「本物だよ〜!」って(笑)

>圭司
オレも確認してみるわっ!
こういう仕事は早ぇな(笑)

>のぶ
いえいえ、どういたいしまして。
井筒監督よかったよっ!
次の機会があれば絶対見逃しちゃダメよっ!
Posted by まさき at 2006年04月29日 08:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。