2006年03月20日

イメージ。

自分の想いを相手に伝えるのって大変なことなんだよね。
伝えたいことをそのまま相手に伝えられることがどんなに大変なことやら。
それはみんなも感じてると思う。
解ったつもりでも行き違い、よくある話でしょ?
あれ、オレだけかな?(笑)

オレ、人とちょっと違うなって自分で思う。
いいのか悪いのか、ちょっとずれてるような感じがすることがあります。
別に一般常識がずれてるわけじゃないんだよ。
あ、ずれてるかも・・・?(笑)
とにかく、物事の捉え方、考え方、表現の仕方、その他もろもろ人とは違うんだと思うんだよね。
つまり、なんていうか、いつも大衆に属せてないんだよ。
常にマイノリティー。
ってか一人奇抜なこと考えてることが多いです。
それは構わないんだけど。
人と同じことは出来るだけしたくないんで。

そりゃぁ人と同じなんて滅多にないと思うけど、それでもオレと同じ感性を持ってる人はいないと思う。
それだけ自分が変わり者だって自覚があるって話ですよ。

先ずね、活字を読むにしても人と話をするにしても、とにかく情報をイメージ化して取り込むんよ、オレ。
噛み砕いて、吸収するって感じ。
理解するってことなのかな?
絵として捉えちゃうんだよね。

問題なのは、高性能なインプットに対してアウトプットが全く追いついてないってこと。
頭の中にあるイメージを6割くらいしか出力できないんだよね。
これは単に語彙量、文章力に乏しいだけなのかもしれないけど。

会話にしてもこのブログにしても、思うようにイメージを外に持ち出すことができてないんだよ、実際。
ガンバって出力しようとしても、そのイメージはどんどん輪郭はぼやけて、鮮明さを欠き、色褪せていくんだよね。
なもんで、オレの中のイメージを共有させることなんて出来てないと思う。

そんな自分の限界を考えると、いかに自分という個を相手に理解してもらうのが大変なことなのかが解る、というか感じる。
いつでも全てさらけ出そうとしてるのに、それが出来ない。

でも判断するのはいつでも相手なわけで。
結局オレが6割しか伝えられないイメージが、相手にとってはオレについての全ての情報だからね。
そう考えると、相手はオレをどういう位置づけで捉えているのか、どういう人間だと理解しているのか、ちょっと気にかかりました。
まぁ人は人。
オレはオレ。
どう捉えてくれてもそれはオレだから。
でもいくらオレの力不足のせいだからといっても、ありもしないイメージを創られるのはちょっと嫌だなぁ。
それは思い込み過ぎ?かな。

なぜにこんなことを書いたのかと言うと、まぁこれについては常々思っておりまして、ブログの記事を客観的に読み直して「こりゃぁオレの言いたかったことを伝え切れてないなぁ」と痛感したからなのです。

この戯言もやはり例に漏れず言いたいことを伝えきれてないと思います。
なので読んでくれる方々、それぞれの想像力をフル動員して補完しながら読んでみてください。
読んでない人より少しでもオレのこと理解してもらえると思います。
よろしくどうぞ。

有線や電通って便利だなぁ。
あれ欲しい。
posted by The Biggest Dreamer at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然オレ的に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何かごっつい難しい事を思考してますね。笑

人間生活の中でもイメージは無意識にしてますよね〜。あたしまさきさんにバンドの事で言葉の交わしが足りへんって言われるまで何が悪かったんか気づいてなかったんで。


頭ん中で思ってる言葉がうまくまとめられんくてもがいてた自分がアホに思えて情けなかったな(^^:)

色んな人と言葉交わすだけで視野広がるしかんがえも随分違うのはごっつい勉強まりますね♪

まさきさんが言う言葉には自分の考えがちゃんとまとまってて納得いく事ばかりです。人間として頭ええ人やなっていっつも思います(゜∀<)
Posted by ゆっきー at 2006年03月21日 17:55
>ゆっきーさん
イメージの重要性は本当に痛感しますね。
自分の置かれている状況をイメージ化できれば客観的に見ることも容易くなります。
客観的に分析した上で、どうするか判断するいい材料になるのは確かです。
より多くの人と接することでより多くの感性と触れ合うことができ、結果それらから学び、自らの成長にもつなげることができるんですよね。
Posted by まさき at 2006年03月21日 22:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15169578

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。