2006年03月15日

一見落着?

永田議員の謝罪広告、朝刊に載ってましたねぇ。
この偽メール騒動、完全に民主党の悪者で幕を閉じそうです。
まぁ実際民主党側の対応がまずかったのも事実なわけで。
何はともあれ、自民党はもとより武部幹事長もほっとしたことでしょう。

しかし、本当に武部幹事長は完全な白だったのでしょうか?
限りなく白に近い真っ黒だったりはしないのでしょうか?

そんなことを考えてしまうオレは相当ひねくれているのでしょうか?
いやぁ、S.A.C.のヤクシマさん以来「幹事長」っていう肩書きが怪しくて(笑)

こんな妄想はいかが?
某幹事長は実はどっかから金をもらっていた、もしくはそれに近い行為を働いていた。
それから視線をそらさせるために偽りの「偽メール騒動」を起こそうとした。
そこでフリーのジャーナリストに目をつけ、それとなくその情報を流した、あるいはジャーナリストとグルになり、民主党の方に注目が集まるように差し向けた。
結果はご存知の通り、民主党が一方的に悪役になり、某幹事長は身辺捜査すらされずに終わった。
確かに次男氏は白でした。
偽メールの情報は確かに偽りだったようです。
しかし、だからと言って某幹事長が白、とは言い切れないのではないのか。

と、こんな感じの妄想を膨らませて一日を過ごしています。
ここんとこ公職の杜撰さ、汚さ、その他もろもろが見えてきているので、こんなことも考えてしまうのかなぁ・・・。

まぁ、閑人のくだらない妄想です。
お気にせず。
posted by The Biggest Dreamer at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
俺も同じようなこと考えてたりする。
どうも腑に落ちない。
火の無いところになんちゃらって言うし。
Posted by けんた de hokkaido at 2006年03月16日 07:49
>けんた de hokkaido
だろ?
なんとなく妄想してみる。
Posted by まさき at 2006年03月16日 23:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。