2004年11月19日

我が音楽人生に・・・

じゃぁ今回はオレの音楽人生、音楽的経歴を書こうかなっと。
まず一番最初に出会った楽器はピアノ。えぇ、なんとピアノです。
2年ほどやりましてね、
やっぱり当時はピアノの魅力にこれっぽっちも気づいてなかったわけですよ。
今はやめたことをすごい後悔してますね。
まぁ、でも副産物として今でも五線譜が読めるってのはうれしいコトですよ。
ピアノをやめてからはスポーツ少年にまっしぐらっ!
典型的な熱血体育会系になってましたね。
多分このブログを読んでくれてる90%は分からないでしょうが…

時間はだらだらと流れまして、次に音楽と再開したのは中3でした。
音楽の授業でロドリーゴのアランフェス協奏曲ってのを観まして、
そこのギターにすごい憧れを抱いたわけですよっ!
かっこいいなぁ…ってねっ!
それを観たすぐ後の12月に受験が合格という形で終わりを向かえ、
合格祝いとしてYAMAHAのアコギを買ってもらいました。
今でもちゃんと部屋にあります。名前はジョニーです。
J−POPを弾き語ってましたよ、ばりばりに。

そしてオレの転機だった高校。僕らのクラスはクラス変えがなかったんですよ。
3年間同じメンバーですよっ!
だからクラス内でバンド組みたいなぁとか淡い期待を抱いて入学したら、なんと!
クラスにギターが弾けるヤツが2人もっ!しかも2人ともうまいっ!!
さすがにショックでしたよ、
イカツイ顔したヤツとぼぉ〜っとしたヤツが(ゴメン!悪気があるわけじゃないんよ)、
自分の知らないギターの世界を展開してるわけですよっ!
こりゃぁギターでバンドは無理やなぁ、と諦めざるをえませんでした。
でもそのおかげで天職であるベースと出会うことが出来ました。
その点、例の二人には感謝の意すら覚えます。

とうとう高3の頭に「和茶弥」を結成。
副担任の結婚式の二次会、学園祭、卒業ライブと結構がんばりました。
オレらの舞台を盛り上げてくれたクラスの女子のみんなにはこの場を借りまして、
ありがとー!!といいたいです。

ってな感じで今のオレがいるわけです。
大学に入って「和茶弥」は解散してしまいました。
でも、新しいバンド「リチャークリーク」も立ち上がったので、
いつまでも止まってるわけには行かないのです。
これからもオレはベーシストとして大学生活を送っていきます。
バンドも人生も一人ではやっていけません。
これからも人に頼り、頼られ、なおかつ楽しんで演っていきたいと思います。
posted by The Biggest Dreamer at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然オレ的に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。