2006年04月08日

In These Arms.

行って参りました、東京ドームっ!
「BON JOVI World Tour 2006」の日本初日ですっ!
それにしても東京ドームのでかいことでかいこと・・・。
一瞬目眩がした気がしました。

さてさて遅れること15分。
いよいよスタートです。

まずは一曲目のLast Man Standingから不意打ち。
ステージに登場するのかと思いきやJonだけいません。
どこにいるのかと探してみると、丁度マウンドの上に位置する特設ステージに一人ギターを持って出てくるではありませんかっ!

最初からわくわくさせてくれるライブです。
次は何が来るのやら。

Jonがゆっくりとステージに向かって歩み寄り、スタンドの前に立って、大きく手を掲げました。

まさか・・・その予感が的中しました。

高く掲げられた手をゆっくり下ろし、きましたっ!
「You Give Love A Bad Name」ですっ!

「Shot through your heart, And you're to blame baby you give love...(A BAD NAME!!)You've got it!!」

涙が出ました。
マジでぶっ飛びました。
自分でもびっくりしましたが、泣いてました。
ホントに感動したんです。

その後は極度の興奮状態、ミュージシャンズハイとでも言いましょうか、で時間もあっという間に過ぎていきました。

どのくらい時間が経ったでしょうか。

一体何曲聴いたでしょうか。

そんなことは何も問題ないような感じでぶっ飛び続けました。

そして。

来ましたっ!
「In These Arms」
どこぞやのサポートギタリストのソロのトチ狂った音響に若干雰囲気を崩されながらも、やはりそんなことお構いなしの風格を見せ付ける彼ら。
やっぱり名曲です、これは。

後半になるとほぼ歌い続けです。
すごい、楽しいっ!

ホントにトランス掛かったような気分です。
すごい、すごすぎです、この人達は。

マジでヤバイライブでした。
演奏も含めてライブが上手すぎです。
感動でした。

ホントに行けば解ります。
行ってあの空気を共有するだけでもう言葉は要りません。
そしてそれを形容する言葉もないでしょう。
感じてください。

そしてずっと気がかりだったのはリッチーの首の容態。
ずっとギブスをしているようで、ストラップは右肩にしか掛けていません。
何度もずり落ちてはさりげなく必死に掛け直すその姿になんとも言えない心持になりました。

リッチーの変態染みたソロも見れたし、ジョンの不可思議な動きも見れたことだし、ホントに行ってよかった、行けてよかった。

残りのツアーも無事に乗り切ってくれることを祈ります。

最後になりましたが、セットリストはこんな感じ。

LAST MAN STANDING
YOU GIVE LOVE A BAD NAME
COMPLICATED
BORN TO BE MY BABY
STORY OF MY LIFE
I'LL SLEEP WHEN I'M DEAD
RUNAWAY
THE RADIO SAVED MY LIFE TONIGHT
BOUNCE
IN THESE ARMS
I WANT TO BE LOVED
I WON'T BACK DOWN (Tom Petty cover as intro to...)
HAVE A NICE DAY
WHO SAYS YOU CAN'T GO HOME
IT'S MY LIFE
I'LL BE THERE FOR YOU (acoustic)
BLAZE OF GLORY (acoustic)
BAD MEDICINE
RAISE YOUR HANDS
LIVIN' ON A PRAYER

Encores:
I'D DIE FOR YOU
WILD IN THE STREETS
JUST OLDER
SOMEDAY I'LL BE SATURDAY NIGHT
TREAT HER RIGHT
WANTED DEAD OR ALIVE
posted by The Biggest Dreamer at 23:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。